カジノ体験記
マカオカジノ体験
マカオカジノ情勢
マカオカジノのロケーション
カップルで韓国カジノ①
カップルで韓国カジノ②
オンカジプレイスタイル①
オンカジプレイスタイル②
オンカジ国内情勢(2016)
その他
リンク集
最近の投稿
Hello world!
アーカイブ
2019年4月
最近のコメント
Hello world!へのコメント
(WordPress コメントの投稿者 [04/22])

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

カテゴリー
未分類

マカオのカジノについて(概要編)

売り上げ世界一で庶民的なマカオのカジノ

数多くのカジノと世界遺産を有し、世界的観光地として知られる都市「マカオ」。正式には「中華人民共和国マカオ特別行政区」と言い、中国大陸南部に位置する旧ポルトガル植民地だった中国の特別行政区です。カジノと言えはアメリカのラスベガスを頭に浮かべる方が多いと思いますが、中国経済をバックボーンとしたチャイナ・マネーと、新マーケットであるカジノ産業に流れ込む世界中からの外資を受け、マカオがカジノ市場を世界に開放した4年後の2006年には、売り上げ69億5000万米ドル(約8400億円)を達成し、これまで世界最大であったラスベガスの売り上げ推計65億ドルを抜き、いまや世界最大のカジノ都市となりました。マカオカジノの特長は、他国のカジノにはない独自のゲームが数多く揃っていることと、格式ばったドレスコードがないカジノが多いことから、比較的カジュアルな服装で入場できることです。いわば、売り上げ世界一の庶民的なカジノだと言えるでしょう。

ギャンブル初心者でも遊びやすい「大小」

「庶民的なカジノと言われても、ギャンブルはやったことがないので…」とおっしゃる方には、初心者でも参加しやすいゲーム「大小(だいしょう)」がおすすめです。マカオの殆どのカジノにこの台が設けられているほど人気のあるゲームとなっています。大小とは3個のサイコロを振って、その出目の合計数が11~17までの「大」か、10~4までの「小」かを当てるゲーム。ただし、3個のサイコロの出目がゾロ目だった場合はディーラーの勝ちとなります。しかし、あらかじめ「どの数字のゾロ目か」を予想して賭けるオプションがあり、これが的中した場合は高額の配当でプレイヤーの勝ちとなります。大小は文字通り「大」「小」を当てるだけのシンプルなゲームのため展開が早く、長時間のプレイは負ける可能性が高いと言われています。できれば短期での勝負を心掛けると良いかも知れません。
参考記事:マカオカジノについて(主な場所編)

友人のラスベガスカジノ体験

カジノというのは、おそらくやってみればとても楽しいものだと思います。
知り合いというわけではありませんが、カジノを経験したことのある人の話は聞いたことがあります。
物凄い額を賭けた訳では無いけれど、凄く楽しかったみたいです。
海外に行ったらやってみたいとずっと言っていたのでその夢がついに叶ったわけですが、本当に興奮していました。
カジノを経験してから何日も経っていたはずなのですが、ついさっきやってきたのではと思ってしまうくらいのテンションでした。

確か行ったのはラスベガスだと思います。
ただ、目の前にしたときはここがラスベガスか、ここがカジノかと思ったみたいですが、いざ中に入ってみるといかつい人がたくさんいたり、セレブっぽい人がたくさんいたので、自分はここにいて良いのだろうかと急に不安になったみたいです。
ただ、若い人もちらほらといて、それを見てやっと安心出来たとのことです。
それでも、凄く緊張したというのは仕方のないことなのかもしれません。
何せ自分のお金を賭けるわけですし、周りは外国人ばかりですし、何しろ初めて経験する雰囲気です。
緊張しないというほうが珍しいことなのかもしれません。

それでも友人は、思いっきり楽しみました。
日本では決して経験出来ないことです。
羽目を外さなければ、楽しまないと損でしょう。
どのくらいの損得かはしっかりと教えてもらえませんでしたが、あくまで私個人の意見だと、楽しめる範囲だったと思います。
カジノで人生悪いほうに狂わされたらたまったものではないですが、あくまで友人は楽しみの範囲内に抑えたみたいです。

私だったらどうだったでしょう。
もしかしたら雰囲気に呑まれて、予定以上のお金を賭けていたかもしれません。
ちょっとやりすぎたかなと思う程度ならまだ良いのですが、後悔するくらい賭けてしまう可能性だって十分にあります。
それを考えると、友人は凄いです。
よく楽しめる範囲で収まったなと思います。
本人からしたらもしかしたらもっと賭けてみたかったという気持ちはあるのかもしれませんが、初めてなのですからそれで良かったと思います。
初めてのカジノで失敗してしまったら正直笑えませんし、私もどういうふうに接して良いのか分かりません。

きっと、カジノで大きな失敗をしてしまった人は今までにたくさんいると思います。
友人のように楽しむ範囲でやっていれば少しがっかりするくらいで済むと思うのですが、人生を賭けるくらいの勢いでやってしまう人もいるのでしょう。
それは本当に怖いです。ですが、結局はやりすぎなければ楽しいと思って終われるのだと思います。
何事も程々が1番なのかもしれません。

もし私が巨万の富を築いていたら凄い額を賭けていたかもしれませんし、失敗したからといってそれほど痛手にはならないのかもしれません。
ですが、私は一般人です。
儲けたらラッキーくらいの気持ちで、お金を稼ぐとか得をしたいとかではなく、カジノそのものの緊張感を楽しむことに徹底して、結果的に少しでも得をしたら儲けものくらいに考えたほうが、より楽しめるのかもしれません。

人生や今後の生活を賭けるには、私はあまりにも普通すぎます。
生活とか関係なく、もっと楽しみたいですね。日本でカジノは出来ませんが、海外に行ったら友人同様少しくらいやってみても良いかもしれません。
あの煌びやかな雰囲気は、テレビなどで見たことがあるくらいですが、やはり憧れるものはありますし、1度くらい足を踏み入れてみたいものです。
もしかしたらそこに入ったら最後、何かに取り付かれたようにはまってしまう可能性もあるのかもしれませんが、絶対にそうならなように自分を保ちたいものです。
カジノそのものが悪いとは思っていません。
カジノには、夢が詰まっていると思います。
だからこそ、利用の仕方を間違ってはいけないと思うのです。

日本にも、いつかカジノができるかもしれませんしそういう話もあると聞きます。
実は日本人は、ギャンブルが好きだという話もあります。
確かにパチンコはギャンブルですし、宝くじだってそれに当てはまると言えるでしょう。
ですので、カジノが日本にできたらきっと大繁盛すると思います。
最初は様子見する人もいると思いますが、その期間はきっと短いと思います。
そしていつの間にか、カジノには人が溢れるでしょう。
その中には、なんとなく楽しみたいという人もいれば、人生を賭けにくる人もいます。
ですが、なるべくならみんな前者であってほしいというのは、私の考えが甘いのでしょうか。
やはり、楽しむ範囲にとどめておいてほしいと思ってしまうのです。
どうかカジノに覚えることなく、楽しいだけに留めておいてくれれば、人生が狂う人もいなくなるのではないでしょうか。
そのほうがきっと長く楽しめるでしょうし、雰囲気も良いと思うのです。
カジノを経験したことがない私が言うのはおかしいかもしれませんが、そう願ってしまいます。