カジノ体験記
マカオカジノ体験
マカオカジノ情勢
マカオカジノのロケーション
カップルで韓国カジノ①
カップルで韓国カジノ②
オンカジプレイスタイル①
オンカジプレイスタイル②
オンカジ国内情勢(2016)
その他
リンク集
最近の投稿
Hello world!
アーカイブ
2019年4月
最近のコメント
Hello world!へのコメント
(WordPress コメントの投稿者 [04/22])

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

カテゴリー
未分類

マカオのカジノについて(主な場所編)

ロマンチックでおしゃれ!「ギャラクシー・スターワールド」

PRに有名な香港スターを起用することで、多くの香港人観光客が集まるカジノが「ギャラクシー・スターワールド」です。このカジノは5つ星の「スターワールドホテル」内に設けられていて、香港のカジノ企業「ギャラクシーグループ」が運営する中で最も豪華で大型のカジノです。
カジノフロアーはエントランスからエスカレーターで昇ったところにあり、カジノデザイナーとして世界的に有名な「ポール・スチールマン」によって設計されました。
館内や客室内はとてもモダンで高級感あふれる造りとなっていて、間接照明を多用したしつらえや、ステージで常に行われている生演奏によるショーは、まるで高級クラブに踏み入ったような感覚に陥ります。
カジノ上層のホテルも、各フロアに発光ダイオードを使ったりするなどおしゃれな空間を演出しています。窓からは港の灯台が眺望できるマカオ随一のロマンチックなホテルで、ぜひ優雅なカジノを体験したいものです。

桁外れの贅沢さは圧巻「ザ・ベネチアン・マカオ」

ロマンチックなバロック様式をふんだんに取り入れ、運河や水路、ゴンドラ、時計塔まで再現するという徹底したこだわりでベニスの町を体感できる。そんな異国のリゾート感あふれる超大型カジノが、2007年8月に開業した「ザ・ベネチアン・マカオ」です。
その規模とクオリティは本場ラスベガスベネチアンを凌ぎ、オープン記念にはある有名香港スターがコンサートを行ったと言われています。
ザ・ベネチアン・マカオの自慢はなんといってもその巨大さと豪華さ。コタイストリップと呼ばれる広大な埋立地を開発し、敷地面積はラスベガスベネチアンの約2倍。カジノはテーブルが700台、スロット6,000台を擁し、敷地内に建つ超高級ホテルは3,000室がすべてスイートルームという豪華さ。他にリゾートスパ・ジムなども備え、周辺には350件以上ものショッピングモールが広がっています。ここまでくると、もはやカジノの一言だけでは済ませられない、贅沢なリゾートエリアに建つエンターテインメント施設と言えるでしょう。

昔ながらの風情を感じるカジノ「ポンテ16」

中国珠海市に面する入り江一帯は「内港」と呼ばれる歴史ある船着場で、17世紀、ポルトガルが東洋進出を図った際の拠点だったと言われています。2007年末にここに開業したカジノが「ポンテ16」です。ポンテ(Ponte)とはポルトガル語で桟橋と言うことから、「マカオ内港16番桟橋」と言う意味でネーミングされたのでしょう。
ポンテ16は、昔ながらの港町風情が残る場所にある大型のカジノで、セナド広場にも近い場所にあります。
内部は外装と同様、南欧的なインテリアが特徴で、VIP専用エリアと一般エリアに分かれています。約2万5千平米のフロアには300台程のスロットマシン、人気の「バカラ」「大小」をはじめ、マカオらしい「ファンタン」などのゲームテーブルも並んでいます。
20世紀の港というコンセプトのもと開業されたポンテ16は、訪れる人にノスタルジックでモダンな雰囲気を感じさせてくれることでしょう。
参考記事:マカオカジノについてマカオのカジノについて(概要編)

ルーレット概要と勝利への耳寄り情報(ネタバレ)

カジノプレイを楽しみたいと考えている人におすすめするのがルーレットであり、雰囲気を含めておおいに楽しむことが可能であるとされています。
このルーレットに関してなのですが、起源として判明しているのは古代ギリシア時代とされており、さらに補足するならば現在楽しまれている形式のルーツは17世紀ごろとされております。
いずれにしましても大変歴史のあるゲームということになり、そのために独特の雰囲気を有しているとされているのです。

またルーレットはカジノゲームの女王とされており、優雅さと気品を兼ね備えたゲームということになるのですが、基礎知識としてアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの2種類が存在していることを認識する必要があるのです。
これらの違いに関してなのですが、これはルーレットの回転盤に存在するポケットの違いにより区別されているのですが、具体的には1から36までのポケットにプラス0と00の2種類を加えた38種類のポケットを有しているのがアメリカンルーレットであり、1から36までのポケットに0を加えた37種類のポケットで構成されているのはヨーロピアンルーレットということになります。
この項目を理解してもらった上でルーレットゲームを楽しむコツを考えてみますと、勝ちにこだわるならばアメリカンルーレットよりもヨーロピアンルーレットを選択する方がハウスエッジを少なくすることができるということになります。

このハウスエッジに関してなのですがこの言葉はゲーム毎における平均的な損失の割り合いを表しており、胴元が勝ちとなってしまう確率の高い0と00が大きく関わっているのであります。
それではルーレットゲームの流れについてなのですが、まずこのゲームには複数のプレーヤーが入り混じってプレーを楽しむことになりますので、区別するためにそれぞれのプレーヤーごとの専用カラーを有したチップを所持する必要があります。
そこでこのルーレット専用とされるチップに換金してゲームに参加するところから始めることになるのですが、ここで専用チップを数字に賭けることをベットとよび、ディーラーがベットプリーズといえばゲームスタートということになるのです。
そしてベットエリアと称されている数字が並んでいるエリアにチップを置いていくことになるのですが、それぞれのエリアに対して当たる確率や配当の違いがあり、良く考えて賭けていくことになるのです。
ここで面白いのはディーラーがルーレットにボールを投入するタイミングに関してなのですが、基本的には全員が賭け終わらなくてもタイミングを見計らってボールの投入が行われるのであります。
そしてさらにタイミングを見計らってディーラーからベット終了の声が掛かることになるのですが、ボールが回転盤を転がっている最中であってもベット終了の声が掛かる前であればチップを賭けることが可能となるのであります。
ちなみに賭け方を考えてみた場合に、最も損をしにくいものとして赤か黒を賭けるものや偶数もしくは奇数を賭けるものであったり数字の大小を選択するものがあるのですが、これらに対する配当は1倍でありダブルゼロであるアメリカンルーレットの場合では勝率となる出現確率は47.37パーセントとされております。
そしてこの賭け方に慣れてきたならば2倍配当の賭け方を覚えることが重要であるとされており、2倍配当をコンビネーションで賭けていけば勝率がアップするとされています。

もちろん短時間で大勝することは難しいのですが、少なくとも大負けすることも無いことになりますので、カジノプレイを十分に楽しみながら勝率にこだわることができるとされているのです。
そしてここまではカジノによるルーレットゲームの雰囲気を楽しむことができればと考える人に向けての基礎知識ということになるのですが、さらに勝ちを目指したいと考える人への一歩進んだ考え方についてを紹介していきます。
それはディーラーのクセを読み取って勝率をアップさせる方法であり、うまくいけば短時間に大勝することが可能とされています。
そのような方法があるのかと驚かれる人も多いのですが原理自体は非常に単純なものとなっていますので、慣れればそれほど難易度の高いものではないのです。
その方法とはルーレット盤を分割して考える方法であり、ディーラーがボールを投入した位置を注視することでそのクセを見出すことが大変重要となるのです。
このディーラーのクセとはボールの入れ方によるものになるのですが、投入した位置からボールが落ちたポケットの存在するエリアとの関係性があるのではないかとするものなのであります。
これを見出すことができれば、ディーラーがボールを投入してからベットストップの声が掛かるまでの短い間に素早くエリアに該当する番号へのベットができるようになり、自ずと勝率がアップすることになってくるのです。
もちろんエリアの限定ができれば賭け方も大胆にすることができますので、配当率もアップさせることが可能となるのであります。